高嶺の花と言われる女性への声の掛け方!意識せず接することが好印象

もし、あなたが高嶺の花といわれる女性とお付き合いしたいと思っているなら、まずはその女性に声を掛けないことにはなにもはじまりません。今回は、高嶺の花といわれる女性の特徴と声の掛け方についてお話します。

高嶺の花といわれる女性の特徴

高嶺の花といわれる女性のイメージはさまざまだと思いますが、一般的には「高学歴」「ブランド品」「美人」「スタイル抜群」という感じではないでしょうか。

この男性側のイメージが近寄りがたい存在を作り出し、結果高嶺の花といわれる原因になっています。

ただ、このイメージは男性が勝手に作り上げたものである場合がほとんどで、実際は気さくな女性だったり、冗談を言う面白い女性だったりします。

そういう面は、見た目の雰囲気だけでは知ることはできず、勇気を出してアタックした男性しか知ることができません。

高嶺の花といわれる女性に対するイメージは同じ

あなたが高嶺の花だと思っているということは、他の男性も同じように思っているはずです。裏を返せば、意外と競争率は高くないともいえます。

さらに、高嶺の花といわれる女性は、そのイメージから男性に声を掛けられることに慣れている人は少なく、声を掛けてくれる男性のことを嬉しく思っていたりします。

意外と孤独な女性が多いので、マナーを持って接すれば、しっかりと応じてくれます。逆にマナーのない態度や節度のない態度はNGです。

高嶺の花といわれる女性への声の掛け方

前項でも触れたように、節度ある態度で接している分には、しっかりと接してくれます。ここでは、高嶺の花といわれる女性への声の掛け方を紹介します。

まずはあいさつから

節度あるあいさつといっても過度に意識する必要はありません。ただし、自信がなさそうに小さな声で声を掛けると逆効果です。

イメージは、仕事上で付き合いのある世間話もする取引先の社員へのあいさつくらいがちょうどいい感じです。

顔がイケメンである必要はない

そもそもの話になりますが、高嶺の花といわれる女性がイケメンが好きかというと、好みの顔はありますが、必ずしも世で言うイケメンが好きということではありません。

では、何に惹かれるかというと、「一緒にいて楽しい」「ためになる」「紳士的な態度接してくれる」など、ごく普通の女性と同じ感覚になります。

必要以上に卑下しない

高嶺の花という幻想に萎縮してしまって、自分を卑下しすぎてしまうのはマイナスです。たとえば、「君のような女性には不釣り合いなんだけど」という言葉です。

女性からすれば「そう思うなら最初から声をかけてくるな!」と思ってしまいます。自信過剰はNGですが、適度に自信を持つことが大事です。

高嶺の花にアタックしない理由はない

高嶺の花といわれる女性も一人の女性です。いいなと思ったのなら勇気を出して声を掛けてみましょう。結果が伴わなくても落ち込む必要はありません。なんせ相手は高嶺の花ですからそう簡単に手に入るわけではありません。

ものは考えようで、誰にも好かれる女性は、ライバルも多く手に入れるまでに相当な時間を必要とします。

高嶺の花といわれる女性は、ほかの男性は躊躇する存在なのでライバルは少なく、玉砕しても「高嶺の花だから」と気持ちを切り替えることができます。

もし、身近に高嶺の花といわれる女性がいるのなら、勇気を出して声を掛けてみましょう。そこから道は拓けます。