依存症の女性の特徴的な行動

依存症という言葉を聞いたことがありますか?一見話しやすいけど何も知らずに心を許してしまうと何かと大変な思いをすることになります。今回は依存症の女性の行動についてお話しします。

依存症の女性の特徴的な行動

依存症の女性は話しやすい雰囲気の方が多いのでついプライベートなことを話しがちですが、トラブルに発展することがあります。ここでは依存症の女性の特徴的な行動についてお話しします。

パーソナルスペースがない

依存症の女性の特徴的な行動1つ目は、女性のパーソナルスペースがないというものです。

パーソナルスペースとは、誰もが持っているスペースのことで、このスペースに入られると不快感を感じるスペースのことです。

このパーソナルスペースがないので、男性との距離も近く飲みの席などでは気付くと密着していたりといったこともあります。

あなたに気があるのかというとそういうわけではなく、男女問わず距離が近いというのが特徴です。

そのため、飲み会の席では男性が「自分に気がある」と勘違いすることもあり、そのことからトラブルに発展することがあります。

では、依存症の女性が恋愛に発展するのはどんなときかというと、依存症の女性を受け入れたときです。

受け入れるとは「共感」することで、女性の境遇や考えに共感したときに男性に対してもっと一緒にいたいという感情が芽生えます。

もし、あなたに下心がある場合で女性を口説こうとするときは、女性のいうことを否定することはないと思います。

これを依存症の女性にしたとしたらその女性はすぐにあなたに依存しようとしはじめます。

露出が多い

依存症の女性の特徴的な行動2つ目は、ミニスカートやタンクトップなど露出の多い服装を好むということです。

最近は露出の多いファッションも多くなっていますが、年齢に合わない露出が特徴です。

露出が多くなるのは男性の気を引くためでもありますが、本能的に男性がセクシーな服装を好むことを知っています。

まずは露出の多い服装で男性の気を引き、依存できるかどうかを本能的に見極めます。

当たり障りのない話から距離を縮めて徐々に自分の過去の話をしながらさらに距離を縮めていきます。

距離を縮めるというのは物理的に身体を密着させることと女性の気持ちと男性の気持ちの距離を縮めることを言います。

このときにあなたが女性の言動を受け入れることで女性は自分が受け入れられたことを認識してさらに距離を縮めてきます。

オープンな性格

依存症の女性の特徴的な行動3つ目は、性的なことや女性のネガティブな過去も含めてオープンな性格ということです。

聞いた男性側は、女性の過去のネガティブな話を聞くことで女性に対して守ってあげたいという気持ちになります。

依存症の女性は男性にそういう話をすると男性の気持ちを揺さぶることを本能的に知っています。

男性の微妙な変化にも本能的に気付くのでその変化に乗じてさらに距離を縮めてきます。

女性が話す内容は、すべてが真実ではなく場合によっては男性の気を引くため誇張していることもあります。

あなたが女性の話が本当かどうかを知る術はありませんが、特に元彼や旦那さんの話は話半分くらいで聞いておくことをおすすめします。

容姿だけに集中しないように

今回は依存症の女性の特徴的な行動についてお話ししました。

一見すると口説けそうな女性に見えるのが依存症の女性の特徴ですが、口説くにはそれ相応の覚悟も必要となります。

いくら口説きやすいからといっても遊びや身体目的で口説くと思っている以上に手痛いしっぺ返しをくらいます。

女性を口説くときは容姿に集中しがちですが、女性の性格や言動にもしっかりと目を向けて向き合った上で口説くようにしましょう。

img-izonshou-000
最新情報をチェックしよう!