女性との関係を変えたいときに男性が座るべきベストな位置を知るカギ

女性のとの関係を変えたいときには、関係を進展させたいときや女性にあなた自身のことを知ってもらいたいときがあります。そのときあなたは座る位置を考えて座っていますか?今回は、女性との関係を変えたいときに男性が座るべきベストな位置についてお話します。

女性との関係をどうしたいかで違ってくる男性が座る位置

女性との関係を進展させたいときや相談を持ち掛けられたときなど状況によって座る位置は変わってきます。ここでは、ケース別に男性が座るべきベストな位置についてお話します。

自分を意識させたいなら正面ではなく斜め向かいの席

女性にもっとあなたのことを意識させたいと思っているなら、斜め向かいの席に座るのがおすすめです。

男性は好きな女性の正面に座りたがりますが、女性は好意を持っている男性の正面には座りません。

そのため、正面に座る人=好意を持ってない人と無意識に思ってしまうので、どれだけ話ができたとしても進展は望めません。

では、どうするかというと無理に話をしなくてもときどき目を合わせて、その後、たびたび目が合うようなら微笑み返すだけです。

このとき微笑み返してくれたら、頃合いを見て話を振ってみるなど会話にチャレンジしてみます。

微笑み返してもらえなくても、少なくとも女性に気持ちは伝わっていますので、ここではそれ以上のアクションは控えます。

一方、一度目が合った以降、二度と目が合うこともない場合は、残念ですが脈なしなのであきらめましょう。

それでも目を合わそうとしてしまうと、変な奴レッテルを貼れてしまい、逆効果となってしまいます。

女性の話を聞くという態度を示したいなら正面の席

事前に女性から相談を持ち掛けられていたり、女性に大事な話を伝えたいときは、正面の席に座ります。

女性は、話を聞いてほしいときや男性の話を聞きたいときは正面に座りますので、その行動にならって座ります。

なぜ、女性が正面に座るかというと男性が自分の話をちゃんと聞いているか確かめるためと言われています。

そのため、女性の話に対して適当な相槌したり歯切れの悪いコメントをしたりすると畳みかけるように質問が飛んできます。

一方、話の途中で意見したり、遮ったりすることを嫌うので、女性が話し終えるまでか、意見を促されるまでは聞き役に徹します。

このとき不必要に他を見ていたり、スマホをいじるなどはNGで、可能な限り女性の目を見て話を聞きます。

可能な限りというのは、じっと目を見て話を聞かれると女性に圧迫感が生まれるので、適度に目をそらすのがベストです。

女性との関係を進展させたいときは隣の席

何度かデートを重ねた女性や二人きりでの食事を何度か経て関係の進展を望んでいるときは隣の席に座ります。

ただし、テーブル席にもかかわらず女性の隣の席に座るのは違和感が出るので、できればカウンター席のあるお店をチョイスします。

隣に座るなら女性の右隣、男性左側に女性が座るのがベストです。というのも人は無意識のうちに人間は無意識で弱い部分を防御しようとします。

多くの方は、心臓が左側にあるため無意識に左側を防御しています。そのため、女性の左側に座ってしまうと女性は無意識のうちに防御態勢を取ってしまいます。

もし、会話が盛り上がらないなぁと感じたら、お店を変えたときに席の位置を変えてみるのもひとつです。

成功のカギは女性がどこに座るかを知っておくこと

今回は、女性との関係を変えたいときに男性が座るべきベストな位置についてお話しました。

座る位置を考えるときに最も大事なことは、女性が座るならどういう位置になるのかを知っておくことです。

なぜなら、女性にとって違和感のない行動は、嫌悪感や反感を抱かせにくくなるため、あなたがしようとすることをスムーズに運べます。

女性がどんなときどこに座るかを知りたい方は下記の記事が参考になります。

座る位置でわかる女性の心理!好意を持たれているのは斜め向かいの席