女性に声を掛けるときのコツ

経験がないとかなりハードルが高く感じる女性への声かけですが、実はコツが4つあります。今回は、女性に声をかけるときのコツについてお話します。

ゴールを決める

女性に声をかける前に、声をかける目的は何なのかを明確にしておきます。ゴールを明確にすることで、声をかける女性のタイプが明確になり、必然的に声をかける場所が決まってきます。

やってみる

事前に決めた目的に合う女性に、失敗を恐れず声をかけます。ただ、やみくもに声をかけるわけではなく、自分の想像した女性像と実際の女性が合ってるかも意識することが大事です。

内容を書き留める

声をかけた女性の雰囲気や事前の想像との違い、話した内容などをできるだけ細かく書き留めておきます。ここで大事なのは、想像と実際のギャップを把握することです。

改善してみる

女性に声をかける前と後のイメージや話した内容の食いつき具合などを参考に修正します。この修正をするためにも書き留める内容はできるだけ多く、細かく書き留めておきます。

今回は、女性に声をかけるときのコツについてお話しました。

よほど話が上手な方でない限り、ほとんどの男性は女性に声をかけることに失敗します。失敗の多くはぎこちなかったり、話が続かなかったりです。

こればかりはいくらネットで調べても有効な方法は見つかりません。実際に経験しなければ学べないことです。ただ、やみくもに声をかけるだけではいつまで経っても女性と話すことはできません。

大事なことは、上手な話や面白い話ではありません。女性のことを知りたいと思う気持ちや女性を思いやる言葉や雰囲気です。いくらその気持ちを持っていても緊張してできないことで、マイナスの印象を持たれてしまっては元も子もありません。

そうなるとやはり経験を積んでいくしか方法はないということになります。

最新情報をチェックしよう!