男女で違う嫉妬の特徴と上手な対処方法

恋愛の場面で語られることが多い嫉妬ですが、ビジネスやプライベートでも見られます。今回は、嫉妬についてお話します。

嫉妬することと羨ましいと思うとの違い

そもそも嫉妬とはなにかというと、自分と人を比較したときにかなわない部分があると起きる感情のひとつです。

同じような感情に羨ましいという感情もありますが、この両者の感情は、似て非なるものです。大きな違いは、相手に尊敬の気持ちがあるかないかです。

嫉妬には相手に対する尊敬はありません。心の中で「私はあの人には負けてない」という感情があります。これに対して「私はあの人に勝てない」という感情を持っているのが羨ましいとなります。

言い方を変えると、嫉妬は自分しか考えていません。自分が中心に物事を考えているので、相手がどう思っているかは関係ありません。

「自分のほうがあの人より優れている」という勝手な思いを抱くことで、しばしば悲劇を生む原因となります。

男性が嫉妬したときの特徴

男性が嫉妬するときの特徴は、黙ってイライラすることです。このイライラは、場合によっては怒りとなり、DVなど暴力に発展することがあります。

態度に出ないことで、好意を持っている異性には嫉妬が気づかれず、その異性に「自分には興味がないんだ」という誤解を与えてしまうこともあります。

女性が嫉妬したときの特徴

女性が嫉妬するときの特徴は、言葉や態度に出やすいことです。ただ、その時の言葉は、ストレートな表現になることはあまりありません。

同性は、この言葉の裏にある真意を汲み取りますが、異性の場合は、気づかないことが多く、「気持ちをわかってくれない」という怒りに発展することがあります。

嫉妬の上手な対処方法

嫉妬と上手に付き合う方法は、嫉妬心を自分なりにコントロールしていくことです。そのためには、人は人と思うことが大事です。

嫉妬の根底にあるのはこだわりです。このこだわりを何らかの方法で薄めたり、分散させたりすることで、人は人と思えるようになります。

最新情報をチェックしよう!