遠距離恋愛を長く続けるコツとは?意思表示、定期的に会う、同じ考え

さまざまな事情から好きな人と離れて暮らす遠距離恋愛中のカップルには、離れていても関係を続けられるというある法則があります。今回は、これから遠距離恋愛になるカップルや現在遠距離恋愛中のカップルにむけて長く遠距離恋愛を続けるための長続きのコツについてお話します。

意思表示をはっきりさせる

遠距離恋愛を長く続けるコツ1つ目は、意思表示をはっきりさせることです。面と向かって話すなら雰囲気や顔つきで喜怒哀楽を認識できますが、電話やメールでは認識できません。

特に相手を心配させないようにとネガティブなことは伝えないなど気を遣いすぎると言葉を選んでしまって、本当に伝えたいことが正確に伝わらなくなります。

特に男性は、思っていることを口に出して女性に伝えることを心がけましょう。女性は伝えられた情報からイメージし、男性が置かれている状況をある程度認識します。

女性が恐れているのは、男性が自分の話をしてくれないことです。特に遠距離恋愛ではちょっとしたことが大きくなりがちなので、男性側から積極的に話すようにすることが大事です。

定期的に会っている

遠距離恋愛を長く続けるコツ2つ目は、定期的に会っているということです。急に会う、約束して会うなど形にこだわらずに、お互いに会えるときは会うようにするということです。

前述したように連絡を取り合うのはおもにLINEや電話になります。言いたいことは言えるといってもやはり会って話したり触れたりすることにはかないません。

物理的な距離によって会う機会も限られるというカップルの場合でも、お互いの中間地点で会ったり、年末年始は会うなどお互いに工夫して会う方法を考えることもできます。

お気づきかもしれませんが、ただ会うことだけでも一緒に考えることで女性は安心し、不安に苛まれることから開放されます。

お互いに同じ将来を考えている

遠距離恋愛を長く続けるコツ3つ目は、お互いに同じ将来を考えていることです。といっても結婚を考えるという話ではありません。

遠距離恋愛は、ある意味二人を試すような難題がたくさん出てきます。たとえば、浮気の心配や生活のこと、仕事のことなど乗り越える障壁が次から次へと襲ってきます。

そうなると単に「好き」という気持ちにプラスして「同じ将来を考えられる」ということも重要になってきます。ただ、結婚するといったような形を求める必要はありません。

必要なのは数々の障壁を一緒に乗り越えると思う気持ちとそれを実行できる実行力です。シンプルに何があっても一緒に乗り越えるという気持ちが大事です。

遠距離恋愛をすることになったら

今回は、遠距離恋愛を長く続けるコツについてお話しました。

好きな人とはいつも一緒にいたいと望むものですが、残念ながら場合によっては離れ離れになることもあります。それでも関係を長く続けているカップルもいます。

そのカップルの多くは、今回お話したことも含めて二人でさまざまな取り決めをして、常にお互いに意識するようにしています。

そういった共同作業をしていくことで、お互いの信頼関係が構築され、絆が深まっていき、離れていてもお互いに不必要な干渉をしなくてもいい関係ができてきます。

ちなみに今回お話した内容は、遠距離恋愛ではなくてもなかなか会えないというカップルにもおすすめのコツです。